MAQUIA(マキア)

美容・健康『コロナとインフル同時に感染してしまうこともある?』

専門家に聞く100問100答

 

ニューノーマルな時代の冬、ただでさえ寒くて体調を崩しがちなうえ

長く続く感染対策のプレッシャーもUPし、漠然と不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

各専門家のアドバイスを参考に、できることから取り入れてみましょう!

 


この冬はどんなふうに過ごせばいい?


 

『身も心も、守って守って大事に。発散させず静かに過ごすこと』

回答者・アシル治療室 鍼灸師、臨床家 若林理砂さん

(東洋医学に精通)

 

「東洋医学では冬は”衛気”(防御力)が下がるため、感染症がはやるとされています。衛気を減らさないためには、体から放出されるエネルギーを減らすことが大切です。日の入りが早くなる冬は、本来動物は早く寝る季節。自然のリズムにしたがって十分に睡眠をとり、体幹部や首元を温かく保ち、外出も控えめに、身も心も大切に守って過ごしましょう」

 


新型コロナウイルスとインフルエンザ、同時に感染してしまうこともある?


 

『あり得ます』

回答者・グローバルヘルスケアクリニック院長 水野泰孝先生

(日本感染症学会 感染症指導医・専門医)

 

「同時にかかることはあり得ます。どちらも高熱が出るなど症状が似ていて鑑別が難しいので、両方の検査を受けるのが望ましいです。インフルエンザは予防接種を受けておきましょう」

 


マスクをつけるし、紫外線も弱いから、ベースメイクしなくてもいい?


 

 

『肌の防御のために、絶対すること!』

回答者・石井美保さん

(Riche代表。独自のメソッドが話題)

 

「肌荒れしやすい人こそ、肌とマスクが直接触れるのはリスク。下地やFDで肌とマスクの間に一膜つくることで、肌負担をガードしましょう。オフするとき負担の少ないアイテムを選ぶのが大切です」

 

石井さんおすすめの肌負担なく、保湿力もあり、肌を強化してくれるベースが

『エリクシール ルフレ バランシング おしろいミルク SPF50+ PA++++』

『FTC UV パーフェクト FFクリーム PLATINUM SPF50 PA++++』

かならぼ『フジコ デュアルクッション SPF50+ PA++++』

 


 

体の内側からも、外側からもしっかり防御して、寒い冬を乗り越えていきたいですね。

まだまだここには3問しか載せていません。

本誌では100問の質問に各専門家が答えています!

こちらからご覧いただけます。