美的(BITEKI)

30代の「老けにくい肌」はこう育てる!

今すぐ使いたい神アイテムも紹介!

 

秋は高機能なコスメが続々と登場するラッシュシーズンです!

今年は猛暑のマスク生活で蒸れてこすれて、かなりお疲れモードになっている肌を

いたわりながら、老けにくい未来の肌を育んでいく本当のケアをプロが考えています。

 

《肌解説のプロ》

・水井真理子さん…トータルビューティアドバイザー

・弓気田みずほさん…美容コーディネーター

・浅利晴奈さん…美容家

・もりたじゅんこ…美容記者

 


肌の炎症を鎮める


 

もりた:昨年以降、『美的』のスキンケア記事でいちばん見かけたキーワードは「マスクあれ」

 

浅利:コロナ以前も肌のゆらぎを感じる人は一定数いましたが、より身近で切実な問題になりましたよね。SNSを見ても、メイクよりもスキンケアに投資する人が増えたように思います。

 

弓気田:キラキラするよりも、まずは健康的な肌が欲しい(笑)。肌が荒れていたらメイク映えどころではないし、どんなに高機能なケアを狙っても効果が出ませんから。

 

浅利:肌あれ=肌の中で炎症が起きている状態だから、細胞や組織がダメージを受けて、老化も進みやすいんです。

 

もりた:肌も体も、炎症で老化が進むといわれていますからね。昔は抗炎症や鎮静系の成分は敏感肌向けスキンケアに配合されてるもの、というイメージでしたが、最近はエイジングケア系の攻めのスキンケアも積極的に採用されています。

 

弓気田:肌を鎮めて正常な状態に戻さなければ、その先も狙えないーー“マスクあれ”にみんなが悩む今、土台のところの大切さがより見直されていると思います。

 

水井:マスク生活で得たメリットを敷いて上げるなら、多くの人が「摩擦は肌に良くない」と気づいたことですね。毎日摩擦していると肝斑みたいなもやもやしたシミができちゃうとか、こすれる部分は吹き出物ができやすいということを、身を持って体感した人が多かったはず。

 


30代が老けにくい肌を育てるための「神7」ラインアップ!


 

 

エイジングケアのために欠かせない条件を満たすためにはどんなコスメを、どの順番で使うべきなのか

数も多すぎず、価格的にも高すぎない、30代にとっての「神」となるラインアップを紹介します!

 

【クレンジング】第一三共ヘルスケア・トランシーノ薬用クリア クレンジング n

 

もりたじゅんこ「しっとりするのに洗い上がりにヌルヌルが残らないのもいい」

 

約7割が保湿クリーム成分。

肌あれ防止成分やくすみ感ケア成分など、マスク悩みに対応した機能も搭載!

 

120g  1980円(2021年8月現在)

 

【洗顔】花王 ビオレ・おうちdeエステ 肌をやわらかくするマッサージ洗顔ジェル

 

弓気田「泡立て不要のジェル洗顔料は、一度使うとその手軽さに手放せなくなります」

 

天然潤い成分31%、肌を柔らかくほぐしながら毛穴汚れを浮かし落とすジェル洗顔料。

保湿成分入りで肌を乾燥させず、いらない汚れだけを選択洗浄できます。

 

150g 685円

 


 

今回は、30代、老けにくい肌の作り方の一部を紹介しました。

本誌ではさらに、『エイジングケアのために欠かせない7条件』や、

お勧めアイテムの化粧水、美容液、クリーム、アイケア、UV対策もばっちり掲載されています!

こちらからご覧いただけます。