腸の「育菌」で免疫力アップ!乳酸菌とビフィズス菌で花粉症も風邪も撃退しよう!

  • 更新日


オレンジページ

腸の「育菌」で免疫力アップ!

乳酸菌とビフィズス菌で花粉症も風邪も撃退しよう!

 
風邪や花粉症が心配なこの時期、元気で過ごすためには免疫力を上げることが大切!
免疫機能を支えてくれる腸内細菌をしっかり育てれば、
ウイルスやアレルギーに負けない体になれる…!?
 


 
腸は体の免疫システムの一大基地で、
体内の免疫細胞の6から8割が集まっているそうです。
その腸の免疫機能をサポートしているのが腸内の善玉菌。
 
善玉菌の主力は乳酸菌とビフィズス菌。
乳酸菌はおもに小腸にすみ、免疫細胞を活性化して風邪やインフルエンザなどの
ウイルスに対抗する力を強めたり、免疫細胞の暴走を抑えて
花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を和らげる働きがあるそうです。
 
そしてビフィズス菌はおもに大腸にすみ、
腸内を酸性にすることで侵入してきた病原菌を撃退します。
 
免疫のためにがんばってくれる善玉菌を元気に育てて増やすこと、
それが腸の「育菌」!
 
「育菌」で善玉菌を増やして免疫力をアップさせましょう!
免疫力アップの詳細は本誌でご覧いただけます。