BAILA(バイラ)

《モデル・ブランドディレクター・母》ヨンアの”今”をつくるもの

 

BAILAではおなじみのモデルのヨンアさん。

日本で活躍し、ブランドのディレクターにもなり、今はお子さんもいます。

 

一見昔からずっと充実した暮らしをしているように見える彼女ですが、

18歳で韓国から日本に来て、

家族も友達もいなく言葉も通じず辛い日々を過ごしたといいます。

 

「お仕事は新人だからいつも現場には最初に行き、先輩たちが終わるのを待って、1から2カット撮ってもらって帰る日々。ホームシックにもなって人生でいちばん寂しくてつらい時期だった。でも、現場で先輩モデルやスタッフの方たちがポージングを教えてくれたり、家に来てごはんを作ってくれたり。今考えたら、言葉も通じない私に、みんな本当にやさしかったなって思います」

 


 

今幸せを感じるのは、自分の存在が誰かに影響を与えているって思えるときだそう。

「最近はSNSなどで応援してくれる人の声を直接聞くことができる機会が多くて、それが仕事のいちばんのやりがい。『元気もらってます!』とか『癒される』とかささいなことでも、なにかしら自分の存在が誰かに影響を与えていると感じられる瞬間がやっぱりうれしい!”人が好き”っていう気持ちがモチベーションになっているの」

 

ヨンアさんのYouTubeやInstagramは日本も韓国からもとても人気で

毎度コメントがたくさん書かれていますね。

普段見ることのできない、私生活の雰囲気(クローゼットや料理の様子など)を

見れるのはとても興味深くて私もよくチェックしています!

 

美しくて、明るい性格が見る人の心を明るくしてくれます。

 

さまざまな経験が、今の彼女を作り、そして多くの人に影響を与えています。

ヨンアさんのHAPPYの秘訣、ターニングポイントは本誌をご覧ください!