週刊女性セブン

《嵐コメント付き》感謝、感涙、有終の嵐!

『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』レポ

 

「際の際までみんなで楽しい思い出を作っていきたい」。

活動休止を発表した後にそう言っていた二宮の言葉のとおり、

活動休止最後の日に“初日にしてファイナル”のライブを開催した嵐。

 

演出を担う松本が「1曲1曲、1つ1つの詞が俺らからのメッセージ」と語るメドレーを含む

全28曲で、21年分の語り尽くせぬ思いを届けました。

 

 

「2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です」

活動休止発表の会見で櫻井がはっきりと言い切った言葉を有言実行し、

あらゆる形で愛を届け続けた嵐の5人。

 

「いつかこの夢の続きをできたらいいなと思います」

先のことはわからない中でも松本が涙交じりにファンに送った言葉には

未来への夢と希望が託されていました。

 


 

とうとう、本当に嵐が活動休止となってしまいましたね。

発表された約2年前は、「信じられない!」と衝撃が止みませんでしたし、

その後も信じられないほどにあらゆる番組や広告、CM等で嵐をみていたため、

正直実感がなかったのですが、このライブで実感した方もたくさんいるのではないでしょうか。

 

嵐は日本中、世界中に幸せを届けてきました。

これからしばらくは、各々の幸せな過ごし方で時間を過ごしてほしいですね。

そしてまたいつか、5人の姿をみられますように!

 

本誌では、ライブの写真と共にメンバーそれぞれの長文コメントも掲載しています。

こちらからご覧いただけます。