日経ウーマン

《長澤まさみ》母親役を演じて再認識した母親の存在の大きさ

 

7月3日に公開される映画『MOTHER マザー』の主役を務める長澤まさみさん。

演じるのは男と行きずりの関係を持ち、その場しのぎで生きるシングルマザー。

実際の事件を元に描いた映画です。

 

 

そして長澤さんは母親・秋子役の演じ方に悩んだそうです。

「最初、息子の視点で台本を読んだとき、改めて母親の存在の大きさを実感しました。私自身、人生観も含めて母の影響を日々感じます。母親は一番信頼できる存在だからこそ、この作品は見過ごせなかったのですが、どう演じるべきかは悩ましくて」

 

子役の子どもたちがまっすぐに演じる姿を見て、

役と誠実に向き合うことが攻略法であると気づいた長澤さん。

 

「何が正解かわからないのは子育ても仕事も同じですよね。いつか親になったらしっかりしようと思いすぎず、親子で支え合えたらいいなと思います」

 


《長澤まさみさんへのQ&A》


・仕事で一番大切なことは?

やり抜くこと

 

・くじけそうなときは?

おいしいモノを食べる

気のおけない友人との食事は至福の時

家ではサムゲタン作りにハマっています

 

・日々の片付けは?

忙しくても毎日少しずつ。

いつか片付くので(笑)

 


 

母親役を演じる長澤さんを見たいですね。

長澤さんのインタビュー、Q&Aはこちらからご覧ください。