AERA(アエラ)

《香取慎吾が語るパラリンピック》

熱量と迫力を生で見てほしい

 

国際パラリンピック委員会特別親善大使を務める香取慎吾さん。

来年の東京オリンピック、パラリンピックの大会ボランティアが着る

ユニホームの選定委員会のメンバーとして選定に携わりました。

 

数々のパラスポーツを取材し観戦してきて感じたことを語っています。

 

「(選考は)すごく白熱して2020年の夏にユニホームを着て活躍する

ボランティアのみなさんのことを思って選びました」

 

そんなユニホームは細く見えるポロシャツ、

そしてスボンの膝部分が切り離せてハーフパンツにもなるところが

香取さんのお気に入りポイント。

 

パラスポーツの魅力について

「最近感じるのはパラアスリートのみなさんの熱量がすごい。

障害があって、みんなができることができないということへの負けず嫌い感を感じます。

その悔しさを跳ね返す場所としてスポーツに向き合ってすごい力を発揮している」

 

パラリンピックについて、熱い想いを語るのは

アスリートたちの熱量が香取さんに伝わっているからですね。

 

インタビューのつづきはこちらから読めます!