《2020オリンピック襲名》市川海老蔵・勸玄くんと日本中が注目する晴れ舞台の内幕

週刊女性

【日本中が注目する晴れ舞台の内幕】

市川海老蔵・勸玄くん

成田屋・女性たちの奮闘と麻央さんが遺した”想い”

 

2020年5月に十三代目市川團十郎を襲名することを

1月14日に発表した歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)。

 

この正月に、新橋演舞場で

長女の麗禾ちゃん(7)と勸玄くん(5)と共演を果たし、

満を持しての襲名発表。

 

2013年に先代が亡くなり、

2017年の妻の小林麻央さんがなくなるという不幸があり、

タイミングを計っての発表となった。

 

2020年に襲名となった理由として

東京オリンピックを見据えたとのこと。

海老蔵はつねに日本の伝統芸能である歌舞伎を世界に発信しようとしている。

 

オリンピックはまさに好機で、

歌舞伎を多くの人に知ってもらえる機会になるだろう。

 

小林麻央さんや姉の麻耶さん、家族たちによる支えや想いなど

晴れ舞台の内幕についても特集されています。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。