【ブルーハーツ】甲本ヒロトの゛いま”と゛岡山回顧録”【ザ・クロマニヨンズ】

PLUG(プラグ)

1987年に『リンダリンダ』でメジャーデビューして以来、

ボーカリストとして日本のロックンローラーの代名詞となった甲本ヒロト(55)。

今年の8月29日に17枚目シングル゛生きる”を、

10月10日にオリジナルアルバムアルバム゛レインボーサンダー”を発表しました。

 

デビューから30年以上経った今、岡山県で過ごした少年時代を振り返ります。

18歳で故郷を離れるまで、いったい甲本ヒロトはなにを目指し、なにを感じていたのでしょうか?

 

この雑誌のCHECK POINT

☑ロックとの出会い

☑岡山回顧録

 

ロックとの出会い


意外にも幼少期は歌も踊りも大っ嫌いだったという甲本。

転機は中学1年生の時。

一枚のレコードがきっかけでした。

 

最初はね、理解できなかった。

身体が先に反応したの。

涙が出てきた。

 

音楽への感動から一時は気が狂ったのかと思ったといいます。

本誌では、彼が抱く音楽への想いと、

高校生の時に通い詰めた喫茶店の思い出について語っています。

 

岡山回顧録


家の近くにある横山の、百間川の方からの登山口に、

ハンミョウっていう虫がいて、それをね、ずっと追っかけて……

 

【ブルーハーツ】のメンバー4人の出身は吉備の国・岡山県です。

地元での出会い、経験、培われた人生観──

そういうものが、混ざり合って良質な音楽が生まれてくるのでしょうか。

行動する人間だけが見いだせる、地元でのブレイク・スルーポイントとは!

 

 

【ブルーハーツ】が結成されたのは、今から33年前です。

2006年に盟友・真島昌利と共に【ザ・クロマニヨンズ】としての活動も始めました。

シンプルかつ力強いメッセージは、魂に直接響いくるように感じます。

 

実はこの記事を書くために、私も【ブルーハーツ】の曲を聞き直してみたのですが、

やっぱり凄くかっこいいです。

特別な言葉ではなく、あくまで等身大で語り掛けてくれるからこそ、

こんなにもすんなりメッセージが入ってくるのでしょうか。

明日も頑張れる気がします!

クリックでチラ見へ!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。