週刊女性セブン

【半沢直樹】『空前の最終回』直前、知られざるアドリブ合戦!

 

いよいよ大詰めを迎えたドラマ『半沢直樹』。

実力派揃いの俳優陣の演技はもちろんのこと、細かい舞台設定や

裏切り者の伏線考察まで楽しみ方は無限大!

 

新型コロナウイルスの影響で撮影も極限のスケジュールのなか、

出演者やスタッフはLINEグループで一体感を高めているそうです。

 

半沢の行きつけの小料理屋女将の智美役・井川遥さんは

9月12日の段階で「私は最終話を知らない」と話し、ドキドキしながら

いつもマネージャーに「(台本)きた?きた?」と聞いているそうです。

 


 

第2話での香川照之さんによる『お・し・ま・い・DEATH(デス)』というセリフは

香川さんのアイデアで、堺雅人さんは笑いを堪えるのに必死だったそう。

 

他にも『沈ヴォッツ!』(第6話)は堺さんのアイデアだったり、

『おーねーがーいーしーまぁーす』(第7話)は

当初台本にもなかった『人にものを頼むときの大事な7文字』という香川さんのセリフに

堺さんがアドリブで応えて生まれた名ゼリフだったとのこと。

 

また、片岡愛之助さん演じる黒崎が部下の股間をつかんで叱咤する”急所つかみ”

すっかりおなじみのシーンですが、ここにもひと工夫が。

前作では急な演出だったため何も用意していませんでしたが、

途中から“保護”のために野球のキャッチャーなどが使うファウルカップが使用されるようになったそうです。

 

ドラマをただ見ているだけではしれないエピソードがたくさんでおもしろいですね。

最終回もまもなく…!最後まで存分に楽しませてもらいましょう!

記事の続きはこちらからご覧いただけます。