サンデー毎日 2016-03-12 発売号

 

強面やくざから娘を心配する優しい父親まで…

 

“300の顔を持つ男”俳優・大杉漣

「僕にかけたカミさんは大ギャンブラー」

 

こんにちは、フジ子です。

2月21日、急性心不全で亡くなった俳優、大杉漣さん(享年66歳)死去のニュースが

日本中を駆け巡りました。

 

ビートたけし(北野武)監督映画「ソナチネ」から「アウトレイジ」まで、

今まで10本以上の作品へ出演し

日本映画界に欠かせない存在だった俳優だった大杉漣さん、

なくなる3日前、2/18まで愛猫トラのブログを更新されていました。

 

映画ファン・フジ子としては

2016年公開映画「シン・ゴジラ」でのおとぼけ総理大臣の存在感が

とても印象的でした。

まだ66歳、、(フジ子の両親ともあまり変わらないので実感がわかない…)

早すぎるお別れだなあという気がしてなりません。

 

これまで260本以上の映画へ出演してきた大杉漣さん。

邦画にはほぼ彼が出ているといってもいい程映画へ出演されていましたね

 

俳優・大杉漣の代わりって誰かできるのかな…

お別れはいつも突然ですが

いつもいた人がいなくなってしまうのは

物凄くさみしいですね…。

 

 

役柄から、控えめ・真面目なイメージが強かった大杉漣さんですが

生前のインタビューでは意外なデビュー当時のエピソードを語っています。

知った気になっていた”俳優・大杉漣”のこと、

知っていたのはほんの一部に過ぎませんでした。

心からご冥福をお祈りいたします。