週刊女性セブン

【深田恭子・石原さとみ】コロナでバレた!タブーな女優序列!?

 

緊急自体宣言が解除され、テレビドラマの撮影が徐々に再開されています。

もともと、五輪が予定されていたため夏のドラマは視聴率が見込めない予想がされていたため

春ドラマに力のある作品を揃え、話数を増やして臨む局もありました。

 

春の大作として用意されていたのは

『未満警察 ミッドナイトランナー』、『SUITS2』、

『半沢直樹2』、『BG~身辺警護人~』でした。

 

しかし五輪は延期され、春ドラマの撮影スケジュールは新型コロナの影響で大幅に延期。

テレビ関係者によると、基本対応として春ドラマの話数を大幅に減らし

夏ドラマの話数を少し減らし、秋からは通常通りに放送するというのが筋だと言いますが、

力が入った大作は話数を減らさずに放送したいというのが局のホンネとのこと。

 

夏ドラマが大幅に話数を削られたり、最悪の場合放送が見送られるドラマもあるそう。

こうした再調整の影響で、優先されるドラマ、後回しされるドラマが浮き彫りに。

撮影スケジュールの都合もあるかと思いますが、

今回のコロナショックで図らずしも”女優の序列”がバレてしまう…なんてことも。

 

この春フジテレビでは木曜22時に石原さとみさん主演の『アンサング・シンデレラ』を放送するはずでした。

そして同枠で7月からは関ジャニ∞の大倉忠義さん主演の韓国ドラマのリメーク

10月からは深田恭子さんが主演の続編ドラマ『ルパンの娘2』を予定。

 

しかし、フジテレビ関係者によると、

そこで深田さんと石原さんをめぐって非常に微妙なことになっているとのこと。

2人とも日本を代表する大人気な女優ですが、

今回のコロナショックでは深田さん優先で再調整が進められているそうです。

 

その理由については本誌に掲載されています。

コロナの影響はドラマにも出てくるなんて…ファンにとってはショッキングですが

はやくエンターテイメントを純粋に楽しめるようになってほしいですね。