くやしいけれどおまえに夢中… 還暦ヒデキも闘病15年 西城秀樹 支え続けた家族の絆

週刊女性

還暦ライブではヒット曲を熱唱する姿を見せるも…

5月2日まで予約が入っていたが

来ないからどうしたんだろうって思っていたのですが……

 

1972年にデビュー、郷ひろみ、野口五郎ともに新御三家と呼ばれ

歌手・俳優として活動を続けてきた西城秀樹さんが

急性心不全のため63歳でこの世を去りました。

 

2度の脳梗塞という大病を乗り越えながらも

ツアーで年に60-70か所もの場所を回っていたという西城さんの

脅威のリハビリ方法も話題になりました。

人生100年という実態もささやかれつつある中で、

63歳は早すぎる気がしてなりません。

(フジ子の両親とあまり変わらないんだよなあ…)

 

礼儀正しく真面目だったという西城秀樹さんですが、

流れの激しい芸能界で45年も活動しているのは

できた人格の方だったのかな、と思います。

 

今度、カラオケに行ったら

Village Peopleじゃなく、ヒデキの方のYMCAを歌いたいと思います。

 

「子どものために歌をうたいたい!」

西城秀樹、支え続けた家族の絆。

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。