婦人画報

もう一度、韓国ドラマに恋する!

韓流ドラマブームは4度ブームが来ていた!

 

2004年に、突如巻き起こった「冬ソナ」ブーム。

それ以降韓流は大きな波から、定番の #ドラマ ・ #映画 のカテゴリーのひとつとして定着しました。

そして今年、再び韓流が熱い盛り上がりを見せています。

みなさんご存知の通り、『愛の不時着』『梨泰院クラス』がとても人気ですね。

しかし実は、2004年から今現在まで大まかに分けると4度のブームがきています。

 

かくゆう私も、冬ソナより前に韓国ドラマが好きでハングルを勉強したり

韓国料理も作ってみたりしていたのを覚えています。

(冬ソナは、当時小学生の私には大人の恋愛だったのでハマりませんでした。笑)

 

今回はそれぞれのブームのドラマとその時人気の俳優を紹介します!

 


第1次ブーム(2003~2007年)

“冬ソナ”韓流ラブストーリー


 

ヨン様こと、ペ・ヨンジュンさんが主役の大人気ドラマ『冬のソナタ』が

圧倒的に人気の第1次ブーム!

 

ほかにもイ・ビョンホンさん、チャン・ドンゴンさん、ウォンビンさんなど

包容力や力強さなど、大人の男性の魅力をストレートに感じさせるタイプの俳優が人気です。

 

私は当時ウォンビンさんが大好きでした。

当時優しい笑顔にキュンキュンしていましたが、

数年後、兵役から戻ってきた後の筋肉のムキムキ加減に男を感じてドッキドキでした。

 


第2次ブーム(2009~2010年)

イケメン&花男ブーム


 

ドラマ『美男(イケメン)ですね』が牽引した第2次ブームのキーワードは

“花美男(コッミナム)”

チャン・グンソクさんが演じたツンデレの中性的な美少年というキャラクターは

この時代に火がついたK-POPアイドルがお手本でした。

 

私はこの頃、ドラマではなくアイドルにどっぷりハマっていました!!

 


第3次ブーム(2010~2019年)

年下男子ブーム


 

“年下男子”との恋愛がドラマの定番のひとつとなり始めた第3次ブーム。

色白美肌で手足が長く、小動物のような可愛さが魅力のイケメンが人気に。

この時代の代表的な俳優のイ・ジョンソクさん、パク・ボゴムさん、

ソン・ジュンギさん、チョン・ヘインさんはみんな上記のように

色白でスラッとしていて容姿はかっこいいけれど、笑顔がかわいくてキュンキュンします。

 

当時アイドル大好き女子な私も、思わずドラマもハマってしまったこの第3次ブーム。。。

何本もドラマを徹夜で見ました。

 


第4次ブーム(2020年~)

Netflixの浸透でブーム再燃


第4次は最初にも紹介した、『愛の不時着』『梨泰院クラス』ですね。

おうちじかんを過ごすことが多くなり、たくさんの人のNetflixを見る機会が増え、

もともと熱狂的な韓流ファンではなかった方々もハマったようです。

 

『愛の不時着』に出演していたヒョンビンさん「私の名前はキム・サムスン」

「シークレット・ガーデン」など、第4次以前からすでに大人気。

 

『梨泰院クラス』パク・ソジュンさんは、

今や出演するドラマや映画は絶対にヒットすると言われています。

 

「星から来たあなた」で大ヒットし、中国での人気が絶大というキム・スヒョンさん

現在Netflixで公開されている『サイコだけど大丈夫』でギャラが2000万円を超えたという話も。

私は2011年のドラマ「ドリームハイ」で知りましたが、

当時から演技力が本当に素晴らしくて、彼の出ているどのドラマでも大号泣している気がします。

 


 

どの時代も、本当にハマってしまう魅力があって一言では言い表せません。

ぜひ、ご自身の好きな時代のドラマにどっぷりハマってみてください!

ここで紹介しきれない内容は本誌にてご覧いただけます!