オフィス北野から独立!暴力と笑いの間を行き来する男、北野武

GQ JAPAN

 

 

 

 

勝ち抜いてきた男、北野武

 

こんにちは!フジ子です!

 

タレント・映画監督として活躍する今年71歳!ビートたけしさんが

オフィス北野から2018年3月をもって独立を発表!

今月初めには既に、

88年に設立以来、30年所属してきた同事務所から

取締役を退任されていたとのこと。

 

自分の名前を冠した事務所から独立、という

一見不思議な感じのする今回の報道ですが

 

「自分の時間を増やしたい」というコメントがありました。

(なるほど、自分の時間、足りてないんだな…)

 

世代的に、お笑いタレント・ビートたけし、より

映画監督・北野武の印象が強いわたくしフジ子…

 

ベネチア映画祭で金獅子賞を受賞した「HANA-BI」も良い映画ですが、

フジ子はその翌年の「菊次郎の夏」が大好きです。

 

無職でぶらぶらしている中年のおじさん菊次郎と、

お母さんを知らない少年のロードムービー…

 

もう、全編を通して切なかったよ……

あれは確か、当時の北野映画の中で初めて、

暴力のないヒューマンドラマでしたね。

 

…久石譲の、あのメロディを聴くだけでもちょっと胸が熱くなります!

(晩夏に見たくなる映画ですね!)

 

面白いのはアウトレイジだけじゃないよ!

新境地”北野武”の活躍、これからも楽しみですね!

 

自分を大物に見せるような振る舞いは、

田舎者がやることだ

 

クールなGQ JAPANの記事はこちらからどうぞ!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。