週刊ポスト

後藤久美子、斎藤由貴、生稲晃子…

「1980年代、アイドルが最高に美しかった頃」

 

1980年代に青春を送っていた若者たちに愛された雑誌『Momoco』。

そこには当時現役で大人気のアイドルたちがグラビアを飾っていました。

 

週刊ポストでは、当時のグラビアを復刻しています。

今とはまた違った雰囲気のグラビアが逆に新鮮だったり、

懐かしく思う方も多いのではないでしょうか。

 


生稲晃子/ 88年10月号


 

 

1988年10月号を飾っていたのは生稲晃子さん。

沖縄県渡嘉敷島で撮影しています。

 

生稲さんは1986年『おニャン子クラブ』の会員番号40番として活動を開始。

1987年には『うしろ髪ひかれ隊』のメンバーに抜擢され

『時の河を越えて』でオリコン1位を獲得しました。

 


斎藤由貴/ 86年10月号


 

 

1986年10月号を飾っていたのは斎藤由貴さん。

ハワイで撮影しています。

 

1984年に第3回「ミスマガジン」のグランプリに輝き、

1985年に『卒業』で歌手デビュー。

ドラマ『スケバン刑事』の主演も務めます。

 

1986年にNHK連続テレビ小説『はね駒』でヒロインを務めて以来、

数多くのドラマ・映画に出演。

 

今年2月には歌手デビュー35周年記念のセルフカバーアルバム『水響曲』を発売しました。

 


後藤久美子/ 90年3月号


 

 

1990年3月号を飾っていたのは後藤久美子さん。

箱根で撮影しています。

 

1986年にNHK『テレビの国のアリス』で女優デビューし、

“国民的美少女”として人気を博します。

 

映画『男はつらいよ』シリーズに出演し、

『ラブ・ストーリーを君に』『ガラスの中の少女』などで主演も。

 

1995年にF1レーサーのジャン・アレジと交際を始めて渡仏。

2019年の『男はつらいよ お帰り 寅さん』で特別に女優復帰をしました。

 


 

時代が違っていても、美しさがわかるグラビアたち。

本誌では『Momoco』の秘話や他にも当時のグラビアが紹介されています。

こちらからご覧いただけます。