週刊女性セブン

ジャニーズJr. “22才定年”の衝撃!

芸能界、こんなにあるマル秘『年齢制限』

 

1月16日、アイドルファンたちの胸をザワつかせるニュースが報じられました。

ジャニーズ事務所が、所属するジャニーズJr.に「22才での活動終了制度」を導入すると発表。

 

ジャニーズJr.は、故ジャニー喜多川さん(享年87)が作った

タレントやアイドルの育成・発掘制度で、アイドルの卵たちがここでダンスや歌、

演技の指導を受け、大きく羽ばたいていきました。

 

近年は高年齢化の問題があったようです。

「Jr.の卒業タイミングは基本的にはCDデビューです。生田斗真くん(36)や、風間俊介(37)のように歌ではなく、俳優として実績を積んで卒業するケースもありますが、稀です。デビューできなければずっとJr.。13年には佐野瑞樹さん(47)が『40代のJr.』として話題になりました(佐野さんは18年末で退所)」(芸能関係者)

 

ジャニーズ事務所は、「Jr.たちの多様な未来を確保・尊重するため」と説明しています。

しかし、Jr.の立場からするとこの制度は、20才までに売れなければ厳しいという状況でもあります。

 


 

アイドルが売れるためには若さも求められていることが感じられます。

 

大手芸能事務所の関係者はあくまで一例だと前置きした上で

スカウトの年齢制限をこう打ち明けます。

「うちの事務所では、芸能活動に専念しやすいように、義務教育が終わる15~16才でのデビューを目指しています。そこに向けて1~2年はレッスンを受けてもらうので、スカウトの上限は15才。下限は10才くらいです」

 

ファンの心をつかむために、“応援してあげたい”、”育てたい”と思ってもらうことが重要だと言います。

 

『モーニング娘。’21』や『Juice=Juice』らが所属するハロープロジェクトでは

正式にアナウンスされているわけではないですが、

2009年以降メンバーは26才を前に卒業し

代わりに若いメンバーが補充されるということが繰り返されています。

 

アイドルになるというのは、才能しかり、努力しかり、

年齢も関係してくる中で売れるというのは、本当に厳しい世界ですね。

 

本誌では、俳優たちの年齢についても記載しています。

本文はこちらからお読みいただけます。