週刊女性

3月12日に人気俳優のピエール瀧容疑者がコカインを使用したとして逮捕されました。

仕事も順調、近所の評判も良好、家庭ではよい父であった彼がなぜ。

人生を狂わせた<コカイン>の罠を解説します。

 


ピエール瀧がコカインにハマった理由


“One hit and you are hooked” drug

(一回やっただけで、もののみごとに虜になるクスリ)

と巷でいわれているコカイン。

 

即効性があり、確実に気持ちが高揚する効果があります。

どんなに疲れていても摂取すればスッキリ。

異常な働きぶりから露見するケースも多いというほどに、

仕事も勉強もバリバリとこなすことができる魔法のクスリです。

 

ただし、その代償は悪魔的。

特に恐ろしいのはその依存性です。

現在、取り調べを受けている瀧容疑者も実は20代からコカインや大麻を使っていたことが明らかになってきました。

 

専門家は、バンドデビューする前後、ライブハウスに出入りしていたころに薬物を覚えたのだろうと予測します。

しかし、結婚し子どもが生まれたことで一時期薬物からは遠ざかっていたそう。

 

「一度離れられたんだから……」

そんな慢心もあったのかもしれません。

ここ最近の多忙さによって、再び手を出してしまったようです。

そして次にクスリの魔力から抜け出すことは、逮捕に至るまで叶いませんでした。

 


損害賠償金額は数十億か


ピエール瀧容疑者の仕事はテレビ・映画・ラジオ・ライブ・CM・ゲームと多岐に渡ります。

表からも本当に多忙な方だったことが分かりますね。

 

出演作は撮り直したり、代役を立てたり、自粛したり……

損害賠償請求の総額は10億円とも30億円ともいわれています。

 

胸が痛くなるほど切ないです。

この年老いた父親がどうしたらいいものか、言葉がありません。

 

父、正臣さんもこのように話しています。

世間の期待に応えてガムシャラになって働いた瀧容疑者。

しかしクスリはそうやって築いた功績を一瞬で奪い去っていきました。

 

これを機にコカインの恐ろしさ、リスクの高さが認知されることを願ってやみません。

弁護士が予想する懲役や保釈金額は↓↓↓