FLASH(フラッシュ)

トミー・ジョン手術を受ける前に

セカンドオピニオンを受けたい

そう発言したのはエンゼルスの大谷翔平

日本時間6日にMRI検査で右肘に損傷が見つかり、

エンゼルスのチームドクターから手術をすすめられたという。

 

しかし彼は過去にアメリカで活躍する日本人野球選手の

術後の経過と成績を見て、手術は避けたいという意向だった。

 

セカンドオピニオンに希望したドクターは

日ハム時代のチームドクターである同愛記念病院の土屋正光名誉院長だ。

 

アメリカでの診断結果を聞き、セカンドオピニオンを申し出たことから

アメリカでは物議を醸している。

 

その後大谷は正式に手術を受けることを発表した。

決断までに至った背景は…!?