週刊女性セブン

小林麻耶、交際ゼロ日婚の夫と別居!

「やっぱり海老蔵の子どもたちに会いたい」

 

小林麻耶さんは、國光吟さんと2018年7月に入籍を発表しましたが、

現在2人は別の家で暮らしているようです。

 

小林家の知人によると、

「周囲が引くほどラブラブだったふたりですが、この3月上旬までに昨年住み始めたばかりの高級マンションを出たようです。麻耶さんは実家、國光さんは新たに借りたマンションに住み、いまは別居しています」

とのこと。

 


 

2人の出会いは2018年5月。

麻耶さんが2017年6月に最愛の妹である麻央さんを亡くしてから1年が経とうとする時期でした。

 

麻耶さんの友人は2人の出会いについてこう話します。

「悲しみを乗り越えられず心身ともに弱っていた時期に、麻耶ちゃんがかねてから傾倒していた”子宮系”のカウンセリンググループの交流の場で出会ったのが、國光さんでした。ヨガのインストラクターもしていた彼のセラピーを受けることで、麻耶ちゃんは心身ともに癒され、ふたりは急接近しました」

 

出会って2ヶ月、交際ゼロ日でふたりは電撃結婚しました。

 


 

國光さんと結婚後、麻耶さんは豹変していきます。

結婚発表からわずか1週間後には芸能界を引退。

かと思えば、1年も経たないうちに芸能界に復帰し、夫も同じ事務所に所属し芸能界デビュー。

 

その後麻耶さんの仕事先で國光さんとスタッフがモメたり、

番組降板について「スタッフからいじめを受けていた」と

自身のYouTubeチャンネルで笑いながらテンション高く発表したり

所属事務所はマネジメント契約を突如終了したりと普通ではない空気が漂っていました。

 

この夫婦の違和感に早くから気づいていたのは、麻耶さんの義弟である市川海老蔵さんでした。

麻耶さんの結婚前、海老蔵さんは合鍵をわたすほど麻耶さんを信頼していたのに

結婚後にはその関係を断ち切り、夫婦と距離をおきました。

 


 

現在、麻耶さんと國光さんは別居中。

二人の間には一体なにがあったのでしょうか。

記事の続きはこちらからお読みいただけます。