【ニューズウィーク特別編集】スターウォーズ

スター・ウォーズ完結編

『スカイウォーカーの夜明け』への道のり

 

私がスター・ウォーズと出会ったのは、

とても遅いですが、2012年にディズニーがルーカスフィルムを買収した頃。

幼少期に少し見たのですが、まだ理解ができず、大人になってディズニーが買収したことを知り、

前から気になってはいたけれどきっかけを掴めなかったので「この機会にちゃんと見よう」と思ったのです。

 

スター・ウォーズの大好きな友人に「”4″からみること!」と口酸っぱく言われて

(このとき普通に「1」から見ようとしていました)

ちゃんと守って見たところ、ハマりすぎて一気に見てしまったことを覚えています。

 

チューイが大好きでたまりません。

 

 

スター・ウォーズは誰もが知っている通り、1主人公が3作ずつ続き、全3シリーズとなっています。

ルーク・スカイウォーカーが主人公のシリーズは1977〜1983年に、

アナキン・スカイウォーカーが主人公のシリーズは1999〜2005年にかけて

公開されました。

 

そしてレイが主人公のシリーズは2015年から公開され、

期待の第9作『スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日に公開。

壮大な叙事詩がひとまず終わりを告げます。

なんだかとってもさみしい…!

 


 

 

本誌は世界が愛した『スター・ウォーズ』をまるまる一冊特集している

スペシャルエディションです!

 

・一目で分かる主要人物相関図

・「選ばれしジェダイ」とダークサイドの間で

・「最後の」ジェダイ 心優しきルークの苦悩

・銀河最強のプリンセス レイアの終わらぬ旅

 

などなど、盛りだくさんな内容です!

本誌をチェック!