日経マネー

ダチョウ倶楽部・寺門ジモン監督の映画の主演、

土屋太鳳インタビュー

 

映画『フード・ラック!食運』でEXILEのNAOTOさんと共に主演を務める土屋太鳳さん。

焼肉をはじめとした食を通じて、人生を描く新感覚の作品です。

監督はダチョウ倶楽部の寺門ジモンさん!

今回は土屋太鳳さんにインタビュー!

 


 

役をもらったことについて

「本当にうれしかったです!実はお話が来る少し前に、寺門さんとお肉をご一緒する機会がありました。その時に改めて、先輩としてすごい方だなと時間していたところだったので、役の話をいただいた時は『ぜひ!』という一言、それが頭に浮かびました」

 

演じていて難しかった場面は?

「寺門監督は焼肉シーンで常に、肉のどのような状態を撮りたいかをはっきりイメージされていました。欲しい映像が撮れるまで、役者の演技がオーケーであっても何度もテークを重ねます。作品に登場する全ての食べ物のシーンで、役者の言葉では表せないものが伝わってきます。寺門さんの妥協しないこだわりが、作品の濃い魅力につながっているのだと思います」

 

最近買った、印象的な買い物は?

「スチームで喉をケアする吸入器です。10月にミュージカルに出演させていただいた際に声帯を少し痛めてしまい、買いました。吸入器が家にあると、ミュージカルに挑戦した思い出を実感できます」

 


 

土屋太鳳さんは、人柄の良さが滲み出ている女優さんですよね。

今回の映画には、石黒賢さん、東ちずるさん、りょうさんなど多くのベテラン俳優たちも出演。

監督である寺門さんは焼肉・BBQ好きで知られていますが、

それがテーマとなった映画であれば、映画館でとても美味しい焼肉シーンが見られるのは必然ですね!!

 

土屋太鳳さんのインタビュー全文はこちらからお読みいただけます。