ENGLISH JOURNAL(イングリッシュジャーナル)

2018年11月2日に公開して以来、人気爆発中の映画『ヴェノム』。

スパイダーマン最大の宿敵、最も残虐なダークヒーローの誕生です!

 

実はいま私がもっとも注目している映画だったりします。

もうね、ストーリーがドストライクなんですよ~

 

【簡単にストーリー解説】


地球外生命体で牙が凄い生き物「ヴェノム」。

それが一般人であるエディ・ブロックに寄生してしまった!

宇宙人に寄生されたとなれば、操られて絶体絶命!?

ところが「ヴェノム」は人間との共生を求めてきます。

最初は自分自身のコントロールを失うことに恐怖するエディ。

しかし徐々に「ヴェノム」の持つ力に魅了されていくのだった……

 

このよく分からない生き物人間って図式、絶対面白いですよ。

(私、うしおととらも大好きなのです)

しかも「ヴェノム」と宿主エディ・ブロックを演じるのがあのトム・ハーディだというのだからさらに期待大!

もちろんトム・ハーディといえば『マッドマックス 怒りのデス・ロード』の主役を演じたお方ですよね。

この映画も最高でした。

ダークヒーローに持ってこいの人選です。

 

『ヴェノム』をさらに面白くするインタビュー


本誌では、映画公開に合わせて『ヴェノム』のインタビューを特集しています。

 

元々ENGLISH JOURNALは英語学習を目的とした雑誌です。

だから特集では日本語と英語、どちらの言語でもインタビュー記事を読むことができます。

そう! トムの実際に使った言葉で記事を読むことができるんです!

もちろん英語学習を目的としない方でも、日本語で十分に楽しめる内容になっていますよ。

 

実はいい人? トム・ハーディの秘密


悪役俳優は、実生活ではいい人が多いと聞きます。

それはトムも例外ではありません。

私生活では精力的に募金活動を行ったり、

愛犬と動物愛護キャンペーンのCMに出演したり、

チャリティー活動に力を入れているんですって!

 

なにそのギャップ!!!

 

本誌では他にもトム自身の話や映画製作こぼれ話を公開しています。

すでに映画を見た人も、まだ見ていない人も

読めば『ヴェノム』の世界に寄生されてしまうこと間違いなしですよ!

クリックでチラ見へ