VOGUE JAPAN (ヴォーグ ジャパン)

アーティスト《レディー・ガガ》の10年と

女優として花を咲かせた映画

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

カリフォルニア州マリブにあるレディー・ガガの自宅。

インタビューはそこで行われた。

 

2008年の夏、まだ景気が良かった時期を象徴する大ヒットとなった

ファーストシングル「ジャスト・ダンス」のリリースから10年。

 

32歳となったガガにこの10年で何が変わったかと尋ねると

「銀河1個分くらいの変化があったわ」と言って少し黙り込んだ。

 


 

「ノンストップのめまぐるしさだった、としか言えない。

クリエイティブなモードに入るとまるで千頭の馬が引くソリに

括り付けられたかのように、私は引っ張られていくだけ。

自分にも止められない」

 


 

 

2008年の9月にはリーマンショックが起き、世界は不況期へと突入したが

そんな中でも彼女は世界で最も人気あるポップスターへと一気に上り詰めた。

 

 

2018年12月に日本で公開された映画『アリー/ スター誕生』では

ガガとブラッドリー・クーパーがともに主役を務めた。

ショービジネス界の光と影を描いたラブストーリーで

今回が4度目のリメイク。

 

クーパーは「ラブストーリーを語りたかった」と言う。

それなら音楽を通じて伝える以外にないと確信していて

とあるがん患者向けのチャリティイベントでガガの歌を生で聴き、

宙に浮き上がったような気分になり、すぐにガガのエージェントに連絡を取り、

翌日にはマリブのガガの自宅に向かったという。

 

そしてクーパーはガガをスカウトし、ガガもクーパーの歌声を聴いて

思わず演奏の手を止めてしまうほど感動し、二人は映画を特別なものにできると実感した。

 

ガガの女優としての演技は、作品中ではまるでガガを感じさせないほど

素晴らしいものだった。

 


 

「すべてのことにどんな意味があったかなんて、

10年すぎるまでわからないものよ」

 


 

世界中を圧巻する歌声とパフォーマンス、そして生き方。

彼女の生きる人生は多くの人々にメッセージを与えている。

 

レディー・ガガのインタビュー全文はこちらから

記事の有効期限: 2019年11月25日 Monday