ENGLISH JOURNAL 2018-03-06 発売号 (2018年4月号)

 

登場人物の全員がマイノリティ!?

種族を超えた、愛の形。

 

 

こんにちは!フジ子です!

先日ついに、ついに発表されましたね!

第90回アカデミー賞~!

映画ファンフジ子はもう、ノミネーションが発表された瞬間から

既にソワソワ!(全然関係ないのにね!)

 

今年は米現地時間・3月4日(日本時間3月5日月)に

ハリウッド・ドルビーシアターで開催されたアカデミー賞授賞式は、

1929年から始まり、アメリカ映画芸術科学アカデミーから

前年に公開された優れた作品や監督,脚本,俳優,撮影,音楽,美術などに対して

24部門に分けられ、賞が贈られます。(ちなみに賞金は出ません!)

 

昨年は有名映画プロデューサー・ハービー・ワインステインが

長年映画業界で行ってきたセクハラ実態の告発から始まり、

映画業界へ長年蔓延していた闇が大々的に表面化した年でした。

不条理な力で牛耳ってきた権力者たちは地位を追いやられ、

セクハラ撲滅運動「#MeToo」はもはや社会現象にまでなりました。

 

そんな去年にも増して、さらに政治色の強かった

今回の第90回目の今年のアカデミー賞で

一番経済効果が高いといわれている作品賞受賞をしたのが

 

メキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督作品

「シェイプ・オブ・ウォーター」

 

主人公はなんとアラフォーの清掃員女性!

舞台は1962年冷戦下のアメリカで、このアラフォー女性がなんと

南米で発見された未知の生物と恋に落ちる

…というストーリー!

これだけ聞くと「あり得ない!」ストーリーなのですが、

実は、この物語に隠されたテーマがスゴイのです・・・・(ウワーン!)

 

この映画のインタビューに対し、

「僕は現実逃避をする作品は作らない」と発言した

ギレルモ・デル・トロ監督。

 

このギレルモ監督ははまさに今、

トランプ大統領がアメリカ国内に作ろうとしている壁の

その向こうの国、メキシコの出身。

全員がセクシャリティに問題を抱え、

ほぼマイノリティしか登場しない、今作の「シェイプ・オブ・ウォーター」

どうやらただのファンタジーじゃなさそうですね!!!

 

これはただの恋愛映画じゃない!

気になるよね!今週末は、映画館に行かなきゃ!

ENGLISH JOURNAL 2018-03-06 発売号 (2018年4月号)はこちらから!