週刊アサヒ芸能 [ライト版]

人気ドラマ女優を襲う阿鼻叫喚現場!

石原さとみのセクシーな唇も解禁!

 

クランクイン前から出ばなをくじかれたのは、石原さとみさん。

主演の医療ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』では

新型コロナの影響でロケ地で使用を予定していた病院に断られ、

別の場所を探すため、クランクインが3日間遅れました。

 

ただ、他の医療ドラマに比べて今回の主役は薬剤師で

撮影場所がある程度限られていたこともあり、外観は病院の建物を別撮りし

ほとんどの撮影はスタジオにセットを組んで行われているそうです。

 


 

収録中の風景も今までのドラマ現場とは別世界のように一変。

スタジオ内のドアノブや小道具類は使うたびに衛生班が消毒。

スタンバイ前に出演者が待機する部屋のソファは1人掛け。

検温は昼食後と夕方の休憩後にも行い、給湯室での手洗いうがい、歯磨きは禁止だそうです。

 

石原さとみさんも、撮影が中断する前から率先して手洗いを呼びかけ、

自粛前の撮影では役者も本番以外は常にマスクをしていたため

石原さんの色っぽい唇は封印されていました。

再開後はメガネタイプのフェイスシールドを着用し、美唇も復活。

 

ドラマ撮影現場は過酷な上にウイルス感染にも脅かされるのは大変ですが

それぞれが気合いを入れて撮影に臨んでいます。

 

『篠原涼子 お得意のダンスや鼻歌が禁止に』

『田中みな実 濃厚濡れ場がキスだけに変更』

などなど、本誌でお読みください。