GINGER(ジンジャー)

北川景子・中村倫也「愛について語るとき」

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

映画『ファーストラヴ』で運命的なふたりを演じた北川景子さんと中村倫也さん。

“誰もがうらやむ完璧な人間に見える人間が心に閉じ込めていた愛の記憶”

 

初共演を経て育まれた、ふたりの新しいつながりに迫ってみます。

 


 

直木賞受賞の島本理生によるベストセラーサスペンス小説を堤幸彦監督が映画化した『ファーストラブ』。

女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理士・真壁由紀を北川景子さんが演じます。

 

役作りのため30cm以上も髪をカットし、ショートヘアに。

ヘアサロンでは自らはさみを入れ、由紀という主人公と向き合いました。

北川「『ウィッグ』にしますか?と聞かれていたのですが、私は原作を読んだときにショートの役だから髪を切ろうと思っていたので、『切ります』と」

 

由紀はだれにも言えない傷やトラウマを抱えながらも、外の人から見たら仕事ができて、

素敵な夫がいて、素敵な家庭に恵まれていて、結構完璧な女性に見られる、という人物像。

北川「内と外とのギャップをここまで演じるのは初めてだったので、そのあたりの見せ方をどうしたらいいのかなと現場で悩みました」

 

また、中村さんが演じる敏腕弁護士の庵野迦葉(あんのかしょう)は、由紀の義理の弟。

アナウンサー志望の女子大生による父親刺殺事件の真相へと迫っていきます。

中村「堤監督と一緒に映像をチェックしていたときに、監督が『たまには、こういう険しい山を登らなきゃね』とおっしゃっていたんです。『堤さんほどの歴戦の強者からしても、これは険しい山なのか』と思い、一緒に山に登れるのがうれしかったです。もちろん、この作品は僕にとってもどでかい山でしたし、迦葉は自分にとっては怖い存在でした」

 


34歳の同級生”戦友”


 

北川さんと中村さんは同い年。

今回、中村さんにとってこの作品を通しての新しい挑戦は、

北川景子の相手役だったことだと笑顔で語ります。

 

北川「同じ歳の俳優さんはなかなかいないから、はじめはどう接していいのかわからなかった。でも慣れたら同じ歳は楽でした(笑)」

中村「この歳の女優さんは多いけれど、男優がいないんだよね。ヘラヘラした性格が功を奏したみたいでよかったです(笑)」

 

お互いにどんな印象をもっているのでしょうか。

北川「テレビに出ているときも、現場にいらっしゃるときも印象は変わらないで、ずっとニュートラルな方だと思いました」

中村「すごく楽しくて、すごく頼もしかったですね。気を遣っているけれど、気を遣っていないように見せて、いろんなことが円滑に進むように現場を盛り上げつつ、回しつつ」

 


 

お二人の自然体なインタビューはこちらからお読みいただけます。

記事の有効期限: 2021年5月29日 Saturday

 

【I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021】

現在Fujisan.co.jpでは、定期購読のキャンペーンを行っています!

・定期購読1000円割引ギフト券

・月額払い、年間購読が最大50%割引

などなど450誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです!

キャンペーン期間は2021年5月31日まで!

お好きな雑誌をぜひ定期購読してみてください♪

キャンペーンの詳細ページはこちらから!