女優・橋本マナミ「役としての感情が自然と湧き出す快感が忘れられない」

2nd(セカンド)

女優としての橋本マナミ「役としての感情が自然と湧き出す快感が忘れられない」

 

16歳でグラビアデビューをして、グラビア界を確立させてきた橋本マナミ。

そのセクシーさを演技にも活かし、様々な映画やドラマにも出演してきた。

NHK大河ドラマ「真田丸」では細川忠興の正室・玉(細川ガラシャ)役

多くの視聴者から評価を得た。

 

今回、原作・三浦しをん、監督・脚本 大森立嗣の映画「光」

生活に疲れ切った主婦・南海子を演じている。

 

本当は、南海子が住んでいる団地に住みたかったくらい。

水道が通ってなかったので住めなかったのですが、

団地めぐりをしていました。

 

できることはなんでもやるという精神の彼女は

疲れ切って暗い性格の主婦役に入るために、

人との関わりも少なくし、仕事も減らしていたという。

 

相手と向き合ったときに出てくる感情が

想像を超えてくるときが楽しい。

 

グラビア撮影時とはまた違った一面の橋本マナミがそこにいた。

 

さらなるこだわりや、生きがいなど

人としての橋本マナミの奥深いインタビューです。

記事の有効期限: 2018年11月18日 Sunday

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。