週刊女性セブン

小室哲哉ドロ沼銭闘離婚裁判!

KEIKOの実家にも借金!

 

稀代のカリスマ音楽プロデューサーと

彼を支えたシンガーの妻。

結婚当時は日本中が注目するような夫婦でしたが

今や直接話をすることすらないという。

 

現在は互いに”別れ方”を巡ってドロ沼の離婚調停に突入している。

 

2011年10月にくも膜下出血で倒れたKEIKO。

今、彼女は順調に回復し東京を離れて大分県で過ごしている。

 

KEIKOの知人によると

「まだ、ふたりは婚姻関係にありますが関係は修復不可能です。KEIKOさんが昨年”婚姻関係にあるのだから生活費を入れてほしい”と頼むと、小室さんが離婚を切り出したそうです。すでに離婚調停中で、今年に入り5回も調停が行われているそうです」

 

また小室は年収1億円もあるのに婚姻費用月額8万円という

過少申告をしているそう。

KEIKOの実家に借金もあるようで、その返済も終わりが見えない。

 

泥沼化する離婚調停。

女性セブンがKEIKOに直接インタビューしに行った記事は

こちらから読めます。