週刊女性

山下智久、ジャニーズ超異例の”二重契約”!?

海外への進出さらに

 

ジャニーズ事務所に所属する、山下智久が

海外のエンタメ企業『Overbrook Entertainment(オーバーブック・エンターテインメント)』との

契約にサインしたという情報が入りました。

契約した事務所の代表を務めるのが、アメリカの人気俳優のウィル・スミス。

 

渦中の山下は現在、日本を離れ、海外に滞在しており

「来年の春に放送予定の日欧共同制作ドラマ『THE HEAD』の撮影のため、今年7月からスペインにいます。ヨーロッパの主要放送局や中南米など23の国と地域での放送、各国の配信プラットフォームでの公開も決定しています。日本からマネージャーも通訳も同行せず、ひとりでロケに取り組んでいますよ」(スポーツ紙記者)

 

山下が更新するInstagramでは、スペインでの写真もたくさん更新されています。

そこには、日本語とともに英語も添えられ、海外の俳優として語学も学び

ジャニーズの幅を広げていることがわかります。

 

海外の芸能事務所は、日本の芸能事務所のようにタレントのマネージメントはせず、

仕事の獲得や出演交渉だけを行い、

アメリカではタレント個人がエージェントのほか、

必要に応じてマネージャーや広報を雇い、自分中心のチームを作るようなイメージとのこと。

 

山下は「後輩のために道を切り開いていきたい」という気持ちがあるそう。

今後さらなる海外での活躍を期待したいですね。