anan(アンアン)

映画『老後の資金がありません!』

主演の天海祐希、映画の魅力について語る

 

女優の天海祐希さんが、10月30日に公開される映画『老後の資金がありません!』の主演を務め、

出演映画や、作品作りについてananのインタビューに答えています。

 

天海さんは老後の資金がどんどんなくなる主婦を演じています。

 

【あらすじ】

節約をモットーに老後の資金をコツコツ貯めてきた主婦の篤子(天海祐希)。

ところが、舅の葬式、娘の結婚式とどんどんお金が飛んでいく。

さらに自分はパートをリストラ、夫(松重豊)の会社が倒産してしまう!

姑(草笛光子)への仕送りができなくなり仕方なく引き取ることになったが、姑は驚くほどの浪費家で…。

退職金もなく、目の前に迫る貯金0円。老後どころの話じゃない…。

 


映画の存在について


 

天海さんにとって映画とはどんな存在なのでしょうか?

「劇場で、たくさんの方々と一緒に観る、目の前のものを共有できるという意味では、いわゆる生のお芝居と似ている部分がありますし、一方で映像作品ということで考えると、ドラマと近しいともいえる。なので私にとって映画は舞台とドラマの真ん中にあるエンターテインメントです」

 

コロナ禍で映画館に行きづらい状況があり、また自宅にいても配信で映画が観られるようになったといえども、

映画は映画館で観るのが一番、と力説します。

 

「やっぱり私は大きなスクリーンで観るのが好きですね。声には出さなくても、同じシーンでみんながクスッとなったり、びっくりしたりする、それが空気で伝わってくる感じは、映画館ならでは。あの瞬間は、本当に楽しいです」

 


映画『老後の資金がありません!』について


 

 

一昨年、“人生100年時代、生き抜くには老後資金が2000万円不足”というニュースが流れ

日本中に相当なインパクトを与えました。

 

「社会的な問題をテーマにすることで、今までそこに視線を送っていなかった方々がちょっと気がついたり、徐々に意識を向けるようになったりすると、私たちの仕事も少しは役立っているのかな、と思います」

 

この映画は、重い内容ではなくコメディで、女優・草笛光子さんをはじめ、

若村麻由美さんや松重豊さんといった出演陣が、これでもかと笑いを仕掛けてきます。

厳しい現実を描いているのにもかかわらず思わず笑ってしまうのは、

実力派俳優たちが生み出すテンポの良い芝居ゆえ。

 

「どんな芝居でもリズム感は大事で、特に”笑い”は、タイミングがずれるとまったく笑えなくなる。今作、出演しているみなさんがコメディにも長けていらっしゃるから、ちょっとしたことを拾って笑えるアドリブを仕掛けてくる。そのテンポの素晴らしいこと!演りながら笑ってしまい大変でしたが、きっとあのおかしさはスクリーンを通じても伝わることと思います」

 

本誌では、天海さんがおすすめする名作映画2作品を紹介しています。

 

「暗い劇場から外に出て日常に戻ったとき、おもしろかったと感じるのはもちろん、頑張ろうと思えたり、自分の現実を生きていこうと思ってもらえること。映画はそういう存在であってほしいです」

 

天海祐希さんのおすすめの映画や、インタビューはこちらからお読みいただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!