GOETHE(ゲーテ)

熱すぎる女優・吉岡里帆

「焦燥も渇望も情熱もずっと持ち続けていたい」

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

2016年の連続テレビ小説『あさが来た』を皮切りに、

連続ドラマに出ずっぱりの女優・吉岡里帆

彼女の快進撃はまだまだ止まらない。

 

「今は走っている真っ最中。

焦燥も渇望も、デビュー当初からずっと変わりません。

目標は私がいくら走っても常にずっと先にあり、

たどりつける日なんて一生来ないんじゃないかな」

 

コメディ映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』では

監督のこだわりで間の取り方、セリフも一言一句間違わず、

句読点まで全部読んでほしいという要望に応えなければと

使命感を覚えたといいます。

 

吉岡自身は20歳で上京し、現在の所属事務所の社長に直談判して

未知を切り拓いた行動派。

そんな彼女はこの映画の主人公の路上ミュージシャンに

「頼むからオーディションに行ってくれ!」

役柄に心の中でツッコミを入れていたそう。

 

野望が熱いからこそ、いろんな役に思いっきり入り込む彼女の活躍は

いつまでも熱いままです。

 

熱いインタビューはこちらから!

記事の有効期限: 2019年11月2日 Saturday