POTATO(ポテト)

Hey! Say! JUMP 伊野尾慧・中島裕翔が一生好きなもの

 

“LOVE for LIFE = 一生好きなもの”というと、仕事、周りの人、そしてメンバー。

Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さん、中島裕翔さんの好きなものについて語る今回のインタビュー!

まずは近況報告から始まります!

 


近況について


 

伊野尾「こんなご時世だし、今年は目標を持って頑張る年にしようと思って。友達がみんなバイクの免許を持ってるから、オレも免許をとって、春ぐらいにみんなでツーリングに行くのがひとつの目標」

 

中島「お正月休みを満喫した。実家でおせちやお雑煮、おばあちゃん手作りの栗きんとんとかおいしいご飯を食べたり、駅伝を見て感動したり……。前にニューヨークに行ったときにお土産であげたエプロンをお母さんがずっとしてて。その姿で張り切っていろんなものを作ってくれるから、太るかと思った(笑)」

 


仕事でアガったこと


 

伊野尾「『めざましテレビ』の”いの調”で隈研吾さんとお会いできて、2人で表参道を散策したこと。最初は隈研吾さんが設計した国立競技場とかを見る企画だったんだけど、それはきっとこれまでもこれからも同じような番組があるのかなと思って」

 

中島「以前『”エンジン”で一緒だったんだよ、覚えてる!?』って声をかけてくれたスタッフの方がいて。さすがにオレが幼すぎたから覚えてないんだけど(笑)、そんなふうに言われるぐらい長くこの仕事をやれてるんだなって実感できたし、大きくなってその人にまた違った自分を見てもらえるんだなって思うとテンションがアガった」

 


最近見たメンバーの楽しそうな姿


 

伊野尾「絶対にほかのメンバーからも話が出るだえろうけど、サウナの話をしてるときのサウナーメンバーは本当に楽しそうだよ。特に有岡、高木、藪ラインね。オレも行くから話している内容はものすごく共感できる」

 

中島「『紅白歌合戦』の本番前に、急に大ちゃん(有岡)と知念がわざとみんなに聞こえる声で『あれ、知念顔色よくない?』『サウナに行ったからね』って会話をしてて。どうも知念がちゃんとしたサウナコースを初体験したらしく、2人で茶番劇をしてた(笑)

 


 

二人の近況や、メンバーの楽しそうな出来事を聞くと嬉しくなりますね!

ぜひ他のインタビューもこちらからお読みください!