NHK朝ドラ「半分、青い」出演・中村倫也の哲学とは?【朝井正人役】

AERA(アエラ)

NHK・朝の連続テレビ小説「半分、青い」。

大人気でしたね!

その中で穏やかなモテ男・朝井正人を演じた中村倫也。

物語から姿を消した6月、一気に<正人ロス>が巻き起こり注目を集めました。

 

朝ドラは終了してしまったものの、

『ドロ刑─警視庁捜査三課─』の皇子山役や『今日から俺は!」のゲスト出演などなど……

目にする機会は今後も多そう!やったぁ!!

これから更なる活躍が期待される俳優さんですね。

 

「自分は憑依型ではない」


もともと役者を目指していたわけではなく、ずっとサッカー漬けの日々だった

と、幼少期を振り返る中村。

そんな彼が、「演じること」について語っています。

 

手を尽くして現場に入るまでに準備をし、

それらを現場で混ぜて。

あとは、出たところ勝負という開き直りもありますね。

 

多様な役を演じこなすことから<カメレオン俳優>と評される中、

自分は決して憑依型の俳優ではないといいます。

 

現場に行く前に、

家で地味に準備していますよ。

台詞をひたすら読んで、声に出して。

 

地道な努力があってこその

ぴったりとハマるあの演技だったんですね。

誠実に演技と向き合う姿勢がなんともカッコいい!

 

「それが一番分からないんです」


普段から多くの本を読んでいるという俳優・中村。

穏やかに話しつつもその言葉は力強いのです!

 

作品はすべて゛毒”か゛薬”であるべきだと思う。

 

そんな彼が哲学に興味を持ったのは15、16歳の頃。

深く考える性格だからこそ、言葉の重みと人としての深さを感じるのですね。

その中村の人生の命題、コアの部分とはいったいどこなんでしょう?

 

それが一番わからないんです。

(中略)

でも、役と向き合うことで自分を知ろうとしているのかもしれません。

 

哲学する中村倫也

 

私は本誌のインタビュー記事を読んで、中村さんの人気の理由が分かったような気がしました。

視聴者側はどうしても演じたキャラクターでイメージを固めてしまいがちですが、

その奥に隠れた役者さんの゛哲学”はとっても面白い!

 

役を通して『人生とは何だろう』と哲学する中村倫也。

存分に彼の魅力が味わえるインタビュー記事になっております!

クリックでチラ見へ!

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。