GetNavi(ゲットナビ)

《ふるさと納税ことはじめ》節税しながら多彩な返礼品を楽しもう!

 

自治体への”寄付”で特産品を受け取れる「ふるさと納税」は

実質的に節税できる一石二鳥の制度。

2020年には利用者が400万人を突破したそうです!

今年中に利用して、2021年度の税金をおトクを享受しましょう!

 


ふるさと納税の仕組み


 

「ふるさと納税」は、自分が選んだ自治体に「寄付」をし、翌年度の税金から控除を受けます。

一方で寄付を受けた自治体は、返礼品として特産品を納税者へと贈呈します。

これにより、税額はほぼ同じで、返礼品の分だけトクをできるという仕組み。

 

返礼品には、食品や工芸品だけでなく、その地元のメーカーのガジェットや観光も対象。

 

ふるさと納税について、ファイナンシャルプランナーの福一由紀さんが

注意点について詳しく解説しています。

 


ふるさと納税の注意点


 

(1)必ず納税者の名前で申し込む

寄付の申込者と納税者の名前が一致しないと、控除を受けられません。

例えば専業主婦が自分の名前でふるさと納税をしてしまった場合、

夫の税金は控除されないので注意しましょう。

 

(2)一時的に寄付金を立て替える必要あり

税金の控除は翌年度の住民税の控除および、確定申告による所得税の還付金として処理されます。

最短でも数ヶ月は立て替えをする期間が発生するので、余裕のある金額で行いましょう。

 

(3)寄付金には上限額あり

所得や家族構成などで、実質2000円負担の寄付の上限額は異なります。

上限を超えて寄付をすると、ただ高い金額で買い物をしたことと同じなので

事前に確認が必要です。

 


 

本誌ではさらに詳しい解説が掲載されています。

日本全国、いろんな返礼品があって、選ぶのも楽しいですよね。

お得な情報を知って、楽しく利用しましょう!

こちらからお読みいただけます。