日経ウーマン

『使ってるけど貯まってる!』

貯蓄1000万円さんのメリハリ出費術!

 

将来のためにお金を貯めたいけど、ケチケチしてばかりでは楽しみも減ってしまう…。

日経ウーマンでは、好きなモノや体験にはお金を使って人生を楽しみながらも、

1000万円以上を貯蓄できた人のアイデアと工夫いっぱいのメリハリ出費&貯蓄術をレポートしています。

 


「靴はいくらまで」など自分なりの会計基準を決める


 

消費経済ジャーナリストの松崎のり子さんはこう話します。

「人は損をしたくない心理から行動を起こすといわれます。安く買いたいという思いから100均で余計なモノを買ったり、ポイント目当てで買い物をしたり…。このことを熟知した売り手側の『お得のワナ』にハマるとお金はどんどん漏れていきます」

 

では、お金がたまる出費術とはなんでしょうか?

「使えるおかお金の枠を決めれば、お得のワナを避けられます。食費や交際費は月の予算だけではなく、1週間、1日分を計算して使っていく。”靴はいくらまで”、”口紅はいくらまで”など、自分なりの会計基準を決めれば高い割引券にも踊らされません」

 

本当に欲しいモノにお金を使うことができれば、人生が豊かになります。

「収入から貯蓄や生活費を引いた残りを何に使うかは価値観次第。趣味や推し活への投資はメンタル安定剤に。好きなことが副業になるなど、将来への可能性も広がります」

 


あなたは貯め上手?貯め下手?

買い物習慣チェックテスト


 

割引クーポン、送料無料、定額サービスなど「お得のワナ」に知らないうちにハマっているかもしれません。

次の項目でチェックが付いたら、その習慣を見直して、貯まる出費術を身につけましょう!

 

(1)100均、カフェチェーン、輸入食品店など見かけるとなんとなく入ってしまう店がある

→ルーティン消費で貯められない!

必要なモノがあるときだけ立ち寄りましょう。

 

(2)クーポン、優待サービス、スタンプカードなどは使わないともったいないという気持ちで使う

→もったいない消費で貯められない!

クーポンで余計なモノを買っていませんか?

 

(3)アウトレットやバーゲンに行くと、何か買わなきゃという気持ちになり、無理に買い物をする

→元を取りたい消費で貯められない!

戻らないお金にこだわりすぎないこと。

 

(4)ネット通販では、送料無料になるまでカートに入れる

→無料の誘惑で貯められない!

「無料」よりも「出費の総額」を見ましょう。

 

(5)スマホや保険のプランを見直すのは面倒、もしくはプランを変えて不便になるのが不安だ

→現状維持バイアスで貯められない!

定期的にお得な契約プランに変えましょう。

 


 

本誌では、さらに詳しく貯金や上手な出費術について掲載しています。

こちらからお読みいただけます。

 

『I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2021』

いまならさらにお得。はじめよう、定期購読!

ただいま、Fujisan.co.jpでは定期購読が最大で50%OFF!

割引やプレゼント付きなど、500誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

 

キャンペーン期間:2021年9月15日~2021年11月30日

 

ぜひこちらから詳しいキャンペーン内容をご覧ください!