家電批評

【中古・型落ち・フリマ】

家電最安購入のために知っておきたい勢力マップ!

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

「良いものを安く書いたい!」そんなシンプルなミッションを達成すべく

「中古」「型落ち」「フリマ」の現場を大調査!

いつ、どこで、何を、どう買えばよりお得に入手できるのか、

そんな情報が本誌では紹介されています。

 


 

まずは、型落ち、フリマ・オークション、中古を簡単に解説!

 

【型落ち】

新製品や新モデルが登場したら、後継機に主役を奪われたモデルたちの実売価格が下がり

「底値」に向かっていきます。

 

【フリマ・オークション】

消費者(コンシューマー)同士で取引をすることから

「CtoC」とも呼ばれるヤフオク!やメルカリ。

売買に最低限の手数料しかかからないため、中古相場より安い相場がうまれやすくなっています。

 

【中古】

パソコンの「じゃんばら」、カメラの「マップカメラ」、オーディオの「eイヤホン」など

趣味の世界では専門店を中心とした中古市場が成り立っています。

物欲を満たしながら財布へのダメージを抑えるには中古市場は強い見方です。

 


 

家電を最安で購入するために知っておきたい勢力マップが掲載されています!

 

 

安く買うには「どこで買うか」はもちろん、「どうやって買うか」も大事。

現金か、ポイントか、クレジットカードか、それともスマホ決済か。

ここ最近で話題を集めているのはスマホ決済です。

いろんなキャンペーンが行われることもあり、タイミング次第でかなりのお得度に。

 

2020年1月にはスマホ決済の老舗Origami Payをメルカリが買収し、

続いて2月にはメルカリ・メルペイとNTTドコモの業務提携も行われました。

メルカリでの買い物をd払いで決済すると100円につきdポイントが1ポイントたまります。

 

メルカリで狙いの家電を中古で、d払い購入したり、

d払いを対応している家電量販店で型落ちの家電を購入したり、

ポイントをためつつ、家電をゲット!

 

このように、組み合わせをうまくすることでお得に買い物ができます。

本誌では、提携しているフリマアプリ・決済アプリの勢力マップがわかりやすく紹介されています!

こちらからご覧いただけます。

記事の有効期限: 2021年4月2日 Friday