週刊東洋経済

狂乱!キャッシュレス!

混沌とするスマホ決済市場を勝ち抜くのはどこか

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

いまや、多くのお店がスマホ決済を取り入れ、

テレビ番組でもそれは紹介され、

どれだけお得に買い物や食事ができるかなどの特集番組も放送されているほど。

 

キャッシュレスはどんどんと周知されています。

 

周知された理由として、各社が打ち立てたキャンペーン。

支払い後の還元や、支払い時の割引、決済直後のギフト当選など

あらゆる方法で各社がPRをしています。

 

ネット、通信、流通、銀行と

ひしめくスマホ決済プレーヤーの会社たち…

どの会社がどんな戦略を行っているのか

わかりやすく図にしてあるのがこちら。

 

ネット系・通信系のPayPay(ペイペイ)、

ネット系は楽天、LINE、メルカリ、ORIGAMIなどもあれば

通信系ではDocomoやau、

流通系ではセブン&アイグループやファミリーマート、ヨドバシカメラと

大企業ばかりで、キャンペーンや広告を打てば

見られる・使われるところが多いのが特徴。

 

それぞれのメインとなるサービスと紐付けたサービス内容で

スマホ決済を広げています。

 

細かい施策や、今後の決済がどうなっていくかなど

注目度の高い記事です!

記事の有効期限: 2019年5月10日 Friday