eclat(エクラ)

老後資金2000万円って本当?

あと10年でお金を殖やすには?

 

「老後資金2000万円」というワードが世の中に溢れかえっていますが

ただただ漠然と2000万円といわれて不安でしかないのは

老後に何にいくら必要かがわかっていないからだそう。

 

ファイナンシャルプランナーの井戸見枝さんが解説してくれます!

将来の漠然とした不安をなくしましょう!

 


 

 

金融庁の試算によると、夫65際以上、妻60歳以上の無職世帯の場合、

年金などの収入から生活費を差し引くと毎月5万円の赤字が生じ、

今後30年生きるとなると、赤字額は1800万円。

 

つまり、自分たちで200万円程度用意しないといけない、という見解。

 

アラサー、アラフィフ世代の方からすると、

あと10年ほどでなんとかしなくてはいけない、というので

まず最初に何をするべきかというと「自分が必要となる額を知ること」

 

定年後の年間支出予想額と、収入額を把握し、

支出から収入を引き、夫の定年時の余命年数をかけ、

医療や介護の備え、旅行や住宅リフォーム、子どもの結婚費用など

イベント費を加えれば老後資金の目安がでるそうです。

 


 

本誌では、個人の働き方による老後リスクランキングも発表!

一番リスクが低いのは公務員夫婦、そして一番リスクが高いのは…?

 

アラフォー、アラフィフ世代が知りたいこの先10年の貯金の仕方も掲載中!