オールドタイマー(Old-timer)

《いすゞ/ファーストバック》

出会いは23歳のとき、あれから44年経ってもこの一台

 

◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆

 

黒川重雄さん(67歳)は、23歳の頃

1600GTファーストバックと出会いました。

 

こどものころから車が大好きだった黒川さん。

日通のトラックドライバーを経て、都内の大手タクシー会社に就職

ハイヤーの運転手として某自動車部品メーカーの社長付きも経験。

ずっと車と寄り添う日々を送っていました。

 

 

板橋のモータースから「いい車が入った」との情報で駆けつけると

期待していたベレット1600GTではなかったそう。

しかしクルマ屋さんが「これもベレットGTだよ」と言われ、

初めて見る流麗なボディを見て「これでいこう」と決めたそう。

 

当時、3万5000円の給料で、60万の車を購入。

酒もタバコもギャンブルもやらず、ひたすらローンを払ったそうです。

 


 

その後、流行りもすぎ、修理の部品もなくなってきて

15年ほどすぎた頃から乗らなくなりました。

しかし二十数年後、車好きな息子さんの勧めで

再び乗ってみることに。

 

まずは車検に出して、専用部品たちも揃えて整備してもらったそうです。

再び乗れたときは感動でいっぱいでしたでしょうね。

 

車と出会った頃から、再度乗り始めた頃までのエピソードは本誌へどうぞ!

記事の有効期限: 2019年10月26日 Saturday