2nd(セカンド)

《ヤングタイマー》なクルマに乗ろう!愛車を語ろう!

 

1980年代後半から2000年代前半のちょっと懐かしいデザインと

メンテナンスをちゃんとすれば、まだまだ快調に走ってくれる機能性で

心地いいカーライフを送る、ヤングタイマーLOVERは昨年より確実に急増中!

 

今回は、そんなヤングタイマーLOVERな方たちの愛車を紹介します!

 


Peugeot/ 205CTI/ 91年式


 

ジョイスタイル・ガレージの主任を務める渡辺朗弘さんは

恵比寿の人気眼鏡店「コンティニュエ」での経歴を持つメガネ好き。

そんな彼の愛車は3ヶ月ほど前に納車したばかりの念願のヤングタイマー。

 

「初めてのマイカーですが、メガネと同じでクラシカルな仕様やデザインに惹かれます。新車を購入選択肢はありませんでしたね。契約するギリギリまで他のヤングタイマーと呼ばれる名車とも悩みましたが、決め手は街で見かけないエスプリの効いたカラーリングと希少性。街を走るとフランス人の老紳士にも褒められるんです」

 


VOLVO/ 240GL/ 83年式


 

ボルボ歴15年というB印 ヨシダでレーベルマネージャーを務める横溝賢史さん。

前のクルマは940シリーズで、ステーションワゴンのエステート。

 

「とにかくスクエア型が好き。当初は旧いメルセデスやゴルフなども考えていたんですが、近所にボルボの専門店があったので。このセダンもその店にワゴンを買取してもらった際に偶然出会いました。白や赤はよく見かけていたのですが、稀少なライトブルーメタリックに一目惚れ。そのまま乗り換えが決まってしまいましたね(笑)」

 


Mercedes-Benz/ 190E(W201)/ 89年式


 

記念すべき初メルセデスというファッションコンサルタントの田口岳佳さん。

ワゴンに乗っている人が多いと感じていたため、セダンにこだわって探していたといいます。

 

「この”おじさんっぽさ”にやられました。クルマ好きがこぞって名車というので、190には一度乗ってみたかったんです。とても静かで、よく走る。30年前のクルマとは思えないですね 。ボディが少し色褪せてるのもお気に入りで、あえて直さずに乗ってます。右ハンドルは日本仕様で壊れやすいらしく、左ハンドルを選びました」

 


 

どのクルマも、言葉を選ばず感想を言うなら「可愛い!」と思いました。

昔のクルマって、今にはないカクカクしたフォルムが素敵ですよね。

私は昔のクルマのライトや、ライト周りがすごくそそられます。

 

他にもヤングタイマーLOVERさんたちの愛車の紹介はこちらからご覧いただけます!