ソトコト

《車一台に住み、移動する家》

夫婦で始めた「バンライフ」

 

バンに住み、バンから出社するという渡鳥ジョニーさん。

そして奥様のはる奈さん。

お二人はこのバンが自宅です。

 

東京では、さまざまな物のシェアリングサービスがあり

それをうまく活用することでバンでの生活を現実にしています。

 


大切なものを厳選して所有し、足りないものはシェアして暮らす


 

働き先は、1箇所に決めず、各地のシェアオフィスや移動した先の車の中でするそうです。

 

「震災の後、自分の周りにも『不安のある場所から離れたいけれど、

仕事や学校の都合で無理』という人が多くいました。

自分で自分の場所を選べないのはある意味社会の”バグ”だとさえ思うんです」

 

そう語るジョニーさんが選んだのはバンライフ。

自分で生きる場所、道を示して生きていく。

お二人がノマドワークのできる職種だからこそできた生活ですね。

 

本誌ではいろんな人たちの、その人なりの生き方が取材されています。