タンデムスタイル

「オートバイってどうやって動くの?」

「エンジンの中身ってどうなってるの?」

「ツーリングデビューのための準備って?」

いまさら聞けないオートバイのキホンを分かりやすく解説いたします◎

 

◆この記事が掲載されている雑誌は期間限定で1冊丸ごと読むことができます◆

 


オートバイの知っておきたい基本の『き』


バイクはどうやって動いているの?


動力源はエンジン。

ということはみんな分かっていると思いますが、ではエンジンの構造は知っていますか?

結構単純な仕組みなので、ここからはじめていきましょう!

 

<スクロールエンジンの行程>

1 呼気バルブが開くと、ピストンがクランク回転の惰性力で下降。

混合気がシリンダー内に入ってきます。

 

2 呼気バルブが閉じてシリンダー内は密閉状態に。

クランクが回転し、ピストンが押し上げられ混合気を圧縮。

 

3 圧縮された混合器にスパークプラグで点火!

熱膨張が起こり、ピストンが 一気に押し下げられます。

この爆発が動力になります。

 

4 惰性でクランクが再び上昇したところで排気バルブをオープン。

排気ガスが排出されます。

 

そして再び1に戻る。というのが4ストロークエンジンの行程ですよ。

 

気筒数やバルブ、フレームの種類は丸ごと読みで!

 

初ツーリング 旅のプラン


バイクの最大の楽しみがツーリングです。

どの方向に走り出すのか、どこに立ち寄るか、どれくらい時間をかけるか──。

走り出す前に、ちょっとプランを考えてみませんか?

 

計画をしっかり立てるのもノープランもいいのですが、オススメするのはミックスすること。

つまり目的地と立ち寄る場所だけを決めて、ゆるやかなスケジュールで自由に探索する時間を設ける旅です。

この自由感がツーリングの良いところですよね!

 

高速道を使う? それとも一般道?

日帰り? 泊まり?

宿の予約は?

帰りは道は?

そんなたくさんの疑問にぜ~んぶお応えします!

 

まずは近場から◎

実録!タンデム編集者が行く神奈川県相模原市を再発見する旅の様子も掲載♪

初心者に嬉しい情報盛りだくさんでお届けします◎

記事の有効期限: 2019年04月24日