クルマの疑問100[最新版]技術はどこまで進化しているのか

driver(ドライバー)

日々進化を続けているクルマの世界。

「あのメーカーの新型車の性能は?」

「次期型車の登場はいつ?」

「交通ルールって変わったの?」

そんなモヤモヤと湧いてくる疑問に、本特集でしっかりお答えいたします。

 

スッキリ気分で壮快なカーライフをお過ごしください♪

 


クルマの疑問100[最新版]


超ハイト系軽自動車の疑問


2017年の販売台数第1位のHONDA[Nボックスシリーズ]

ファミリー層に評価されたのがその人気の秘密です。

王者Nボックスに追いつくため、SUZUKIは2017年末には[SPACIA] をフルチェンジ!

DAIHATSUの[TANTO]にも根強い人気がある……

「どれがいいのか悩んじゃう~!」

なんて人のために利便性&快適性を徹底的に検証いたしました。

 

 

質問1 前席周りの使い心地は?


運転手にとって気になるのが、前席周りの使い勝手。

スマホひとつ置くのに手間取りたくはありませんよね。

実はドリンクホルダーで車設計の古さが分かるほど、時代によって変化するポイントなんですよ。

 

Nボックスとスペーシアでは、女性を中心に売れている500mlパック飲料もホルダーに入ります。

またスペーシアは蓋つきボックスがあったり、助手席下の収納スペースがあったりと片付けやすい設計に。

小物の収納力でいえば、スペーシアに軍配が上がりそうです。

 

質問2 後席の居心地がいいのは?


スライド量が最も広いのは、タントの24cm。

Nボックスは19cmと3車の中で一番少ないが、気になるほどではないそうです。

シートの座り心地の良さはNボックスの勝ち!

程よくホールドする形状になっており、長時間の移動でも快適に過ごせるでしょう。

スペーシアはエアコンの風を後ろまで届けるためのサーキュレータが装備それているのがポイント◎

夏場に嬉しい機能ですね。

 

「車中泊に向いているのは?」

「荷室が実用的なものは?」

「シートアレンジが可能なものは?」

といった質問の答えは丸ごと読みで!

 

XBEEやレクサス10、アルファード、ヴェルファイアに対する疑問への回答も載っていますよ♪

丸ごとタダ読み

記事の有効期限: 2019年3月21日

あわせて読みたい

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。