月刊GoodsPress(グッズプレス)

2021年はエコカー爆売れ時代がやってくる!?

エコカー各種解説!

 

ひと昔前は、エコカーといえば”ハイブリッド”でした。

そんなハイブリッドはいまや定番となり、今後のエコカーの中心は以下の3つ。

 

・EV(電気自動車)

・PHEV(プラグインハイブリッド車)

・FCV(燃料電池車)

 

これらは補助金制度により購入しやすくなっており、

2050年の温室効果ガスの排出量をゼロにする”国際公約”を実現するために

この制度がより手厚くなっていくのは間違いないそう。

 

興味はあるけど、エコカーに対してまだまだわからないことが多い方のために

EV、PHEV、FCVについて解説します!

 


 

・EV(電気自動車)

バッテリーに蓄えられた電力を動力源にモーターを駆動し走行します。

エンジンを使用しないため、静粛性が高いですが、

反面ガソリン車に比べ航続距離の短いものが多いようです。

バッテリー残量がなくなるとガソリン同様ストップします。

 

・PHEV(プラグインハイブリッド車)

システム自体はガソリン+モーターのHV(ハイブリッド)と同じですが、

外部からの充電機能を持たせています。

モーターのみで走行できる距離が長く、近所への買い物程度ならモーターだけで

事足りるモデルが多いです。

 

・FCV(燃料電池車)

モーターで駆動する点はEVと同じですが、動力源となるのは水素。

水素と酸素の化学反応を利用し、発電した電力でモーターを駆動し走行します。

水素ステーションの数がネックでしたが、現在ステーション数は増加傾向にあります。

 


 

3種類の違いはわかりましたでしょうか?

これから車を購入を考える際には、エコカーを狙えば補助金でお得に購入できそうです。

さらに詳しい解説は本誌にて掲載されています!

こちらからお読みいただけます。