過酷なデリバリー配達員、曖昧な契約で報酬も補填も不安定

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

フードデリバリー産業の拡大に伴い、急増する『プラットフォーム就労者』。

 

しかし日本では、安心して働ける理想の整備が遅れているといいます。

エコノミストでは、人事ジャーナリストの溝上憲文氏がプラットフォーム就労者の過酷な労働についてまとめています。

 

働く環境の脆弱さが問題に

 

新型コロナウイルス禍を機に、フードデリバリー産業が急拡大。

最大手の『ウーバーイーツ』に加え、2020年以降、海外からの参入が相次ぎ、
国内勢の『出前館』『menu(メニュー)』などとともに激しい競争を展開しています。

 

フードデリバリー市場の活況を受け、アプリを介して配達を請け負う配達員も急増。

その数はウーバーイーツだけで10万人超といわれ、業界全体では少なくとも20万人を超えると推測されます。

こうした中、配達員の報酬や事故時の補填など、働く環境の脆弱さが問題になっています。

 

2021年11月22日、東京都労働委員会の証人尋問で、ウーバーの配達員の一人が証言しました。

「注文を受けて飲食店に到着し、店員に声をかけたらいきなり『うるせえ!黙って待っていろよ』と一括され、さらに『お前客じゃないだろ、ウーバーだろ』と言われました。ウーバーに連絡したら『上に報告する』と返事がありましたが、その後何の連絡もありません」

 

ウーバーの配達員で作るウーバーイーツユニオンは、配達員の処遇や働く環境の改善を話し合う場をウーバーに求めており、
「団体交渉に応じないのは不当労働行為に当たる」として都労委に救済を申し立てています。

それは7月にも都労委が判断を下す予定だそう。

 

配達員は労働者ではなく、個人事業主

 

ウーバーは、配達員は労働組合法上の『労働者』ではなく、『個人事業主』であると主張します。

さらに「ウーバーは配達員と飲食店を仲介しているだけであり、配達員との業務委託契約は存在しない」としています。

つまり、配達員はどことも雇用契約や業務請負契約を結んでおらず、極めて不安定な存在ということに。

 

常に評価される

 

ウーバーイーツユニオンはウーバー側に、この三つを要求しています。

(1)運営の透明性の確保

(2)事故時の補填

(3)適切な報酬

 

配達員は飲食店や注文者から評価(「good」や「bad」)を受けており、
この評価が地域ごとに定められた最低ラインを下回り続けるとアカウント停止になるとされています。

登録時の情報の虚偽、配達距離の不正、注文者のプライバシーの侵害などもアカウント停止理由に。

 

前出の配達員は、こう主張します。

「配達リクエストを3回拒否したら干される、あるいは、条件の悪い配達リクエストばかりが来るようになる」

 

一方ウーバー側の証人はこういいます。

「エリア内にいる配達員には、応答率や拒否する確率の高い・低いに関係なく、リクエストが送信される仕組みになっている」

 

両者の言い分は大きく食い違います。

 

配達員は、自分たちの言い分は全く考慮されず、
「マスクをしていなかった」「飲食店に暴言を吐いた」などの理由をつけられ、アカウントを強制的に停止された人も。

 

また、事故の対応・補填もないとのことで、配達員たちの安心・安全な労働環境は整えられていない印象です。

本誌では、ウーバーイーツ以外の企業たちの配達員の声や、報酬、外国との比較なども掲載されています。

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『週刊エコノミスト』に関心のあるお客様へおすすめの『ビジネス・経済誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!