鉄道開業150周年!大正時代から続く立ち売り駅弁を令和に食べよう

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

今年は鉄道開業150周年!

 

このGWは列車旅の予定を立てている方も多いことでしょう。

鉄道の旅のお供といえば、やはり『ご当地駅弁』ですよね。

 

今回は週刊ポストで紹介されている史上最高の駅弁を紹介します!

 

駅ホームで今も売る!令和の立ち売り

 

 

福岡県・JR九州の折尾駅で、重さ15kgもある木箱を提げ、
踊りながら美声で歌い出す小南英之さん(62)。

彼が志願して立ち売りを始めたのは53歳の時でした。

定休の水曜を除いて毎日、大正時代からの名物駅弁『かしわめし』の立ち売りを続けています。

 

「踊りには一期一会の嬉しさと感謝の気持ちを込めています。立ち売りは駅弁の原点ですが、古いだけでなく、若い人にとっては新しい文化。時代の変化やニーズに対応する新しい立ち売りの姿を模索し続けています」

 

立ち売りは9時から16時(13時から1時間休憩を挟む)。

『かしわめし 大』は1つ850円です。

通勤・通学社にも「おつかれさまです」と声をかけ、「お気をつけて」と見送っています。

 


 

本誌では東北や長野、滋賀、福井県のご当地駅弁や、
全国から150種類を揃える『駅弁屋 祭 グランスタ東京店』の売り上げランキングも紹介!

 

 

そして、おうちにいながら旅気分を味わえる、お取り寄せ駅弁も紹介されています!

 

I LOVE MAGAZINES!キャンペーン2022

 

 

対象の雑誌が月額払い・年間購読が最大50%割引されたり、
定期購読で1,000円割引が適用されるギフト券コードを掲載中!

割引やプレゼント付きなど、700誌以上の雑誌が全てお得に購読できる大チャンスです♪

毎回ご自宅へお届けしますので外出の必要はございません。

この機会に、雑誌で楽しく充実したおうち時間を過ごしませんか?

『週刊ポスト』に関心のあるお客様へおすすめの『文芸誌、総合誌』はコチラにあります!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!