長崎の街中でレジャーを楽しむ!『まちなかSUPクルージング』

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

近年、夏のアクティビティで人気な『SUP』をご存知ですか?

 

SUPとは、Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)の略称で、
ボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進むアクティビティ

海や川などで行われ、浮力が大きい専用ボードを使うので簡単に立つことができ、
性別や年齢を問わず初心者でもすぐに楽しめます。

さらには全身の体幹やバランス感覚を鍛えられるので、エクササイズとしての効果もあって、人気なのです。

 

実は、他県よりもマリンスポーツが盛んではない長崎で、
“もっとサップに親しみを持ってほしい”との思いで始められたのが『EAT SLEEP SUP』『まちなかサップ』

 

サップの舞台となるのは、長崎市・中島川

眼鏡橋~出島ワーフの往復コースをインストラクターの熊谷義宏さんと一緒にクルージングします。

 

まずはウォーミングアップをして、ものの10分ほどでボード上に立つことができます。

感覚をつかんできたら、賑橋、線路の下をくぐり抜け、浜町アーケード付近へ。

 

足がほどよく疲れたころに見えてくるのは、出島表門橋と稲佐山のナイスビュー。

いつも見えている景色とは違う街並みを楽しめることこそが『まちなかサップ』の醍醐味です。

 

さらに、2022年9月からは本コースの『ナイトクルージング』を予定しています。

こちらは一度体験スクールを経て、2回目以降の参加がおすすめ。

 

サップスクールの初心者120分コースは参加費5000円、
フリータイム120分も5000円、クルージング(2回目以降)は8000円からとなっています。

 

スポーツとしてだけでなく、釣りやキャンプと同様に、レジャーとして楽しむ人が増えてきたサップ。

長崎に旅行に行った際にはぜひ体験してみては?

本誌では長崎でできるSUPについて、さらに詳しくご覧いただけます。

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!