髙橋ひかるインタビュー「周りから『倹約家すぎる』と言われる」

  • 更新日

この記事が掲載されている雑誌は、こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!

 

人気漫画『青野くんに触りたいから死にたい』がWOWOWでドラマ化され、
ヒロインの優里役を務める女優の髙橋ひかるさん。

日経マネーでは高橋さんにインタビューしています!

 

『青野くんに触りたいから死にたい』のあらすじ

 

青野龍平(佐藤勝利)と刈谷優里(髙橋ひかる)は交際を始めて2週間。

しかし交通事故で青野は亡くなり、優里は後追い自殺を図ろうとします。

そこに幽霊となった青野が現れ、優里を説得し自殺を思いとどまらせる。

以来、青野と優里の生活が始まりますが、青野の別人格『黒青野』が優里の体に憑依するように。

青野と優里の恋の行方は…。

 

「倹約家すぎる」と周りに言われる

 

 

ドラマの見どころは?

 

「原作を読むと普通のラブストーリーのように見えますが、『幽霊と人間の恋』というのが、今までのラブストーリーにはなかったような展開を巻き起こします。それは楽しみにしてほしいし、相手が幽霊だからこその、触れ合いのはかなさや美しさがあります。それを映像で映し出す点も楽しんでもらいたいと思います」

 

幽霊に恋する優里を髙橋さんはどんな子だなと思いましたか?

 

「原作を読んで、すごく素直だと思いました。『不純物ゼロ』という感じ。透き通っているというか、頭で考えたことそスーッと口から出してしまう。普通の人は考えたことを整理して口にするから、逆に優里のような子は『不思議ちゃん』に見えてしまうのかもしれません。でも一生懸命なんです。だから応援したくもなるし、かわいらしいとも思える」

 

髙橋さんはお金を使う派?貯める派?

 

「私は、かなりしっかりと貯める派なんです。でも先日、あるバラエティー番組で経済の話を聞き『お金は使うことも大事だ』と学びました。周りからは『倹約家すぎる』と言われていたのですが、両親へのプレゼントなど使うべき場面では使うように改めます」

 


 

本誌ではインタビュー全文お読みいただけます!

こちらからお読みいただけます。

今すぐ試し読み!