《レジのない店舗》アメリカのAmazon Goに行ってみた

  • 更新日

flick!(フリック)

《レジのない店舗》アメリカのAmazon Goに行ってみた

  ◆この記事が掲載されている雑誌は、期間限定で丸ごと1冊読むことができます◆   近年、日本も人口減と社会の年齢構成の影響もあって、 深夜のコンビニなどの人手不足が著しくなってきています。 そんな中、一足先に #Amazon が実現した、レジのない店舗『Amazon Go』。 最初の店舗は2016年にでき、現在は全米で25店舗存在しています。 2020年には、生鮮食品が購入できる「Amazon Go Grocery」を シアトルにオープンするなど、年々店舗数を拡大しています。   買い物を利用するにはまずAmazon Goのアプリをインストールしなければいけません。 そして自分のAmazonアカウントとヒモ付ければ準備完了。 これでお店に入って、モノを持って出るとAmazonアカウントから代金が引き落とされる仕組みです。 とても簡単に買い物ができてしまいますね。   入店時には、スマホに表示されるQRコードを改札のような機械でピッ通さないと入れません。     中の雰囲気は、飲食物中心のコンビニというかんじで、 日本のような品揃えではないですが、ハンバーガーやサラミ、チーズなど種類は豊富のようです。  
  現在、日本にはまだAmazon Goはありませんが、 2020年の春に山手線に開業した高輪ゲートウェイ駅内に無人コンビニが登場しています。   多くの人が利用する駅で、無人で決済・買い物ができるのは 「レジに並ぶ」「お会計をする」という時間を省くことができるので とても効率的ですね。   日本でもこれから無人コンビニやスーパーが続々と登場しそうですね。 アメリカでのAmazon Goのレビュー記事はこちらからご覧ください。 記事の有効期限: 2020年9月26日 Saturday]]>